day by day postscript
日々のあとがき


2003.8.11
手紙を出そうと思い、切手のストックブックをめくっていると、旧2円切手が2枚あるのを発見した。
残念な事に、今ではデザインが変わっています。復刻を願うグッドデザインです。
何かと収集家の僕は、小学生の頃は特に切手収集に凝ってました。
切手収集家にとって、珍品は勿論の事、まるごとワンシートというのも魅力的な存在なのです。
しかし、如何せん小学生の懐具合では記念切手のワンシートを買うのは容易ではない。
そこで思い付いたのは、1円切手や2円切手のワンシートだ。
たとえワンシートが100枚綴りでも、1円切手なら100円。2円切手なら200円で買える。
早速、友達と二人で郵便局へ買いに行きました。
窓口で少し怪訝な顔をされた事を覚えています。
それでも、憧れのワンシートを手にした僕らは上機嫌でした。
そんなワンシートブームもいつの間にやら去り、少しずつ分断され、そして残った2枚だ。

2003.8.1
ラーメン屋さんが冷し中華を始めるが如く、
ペットショップでは「カブトムシ入荷しました」を見かける季節です。
輸入解禁となった近頃では、外国産のカブト虫やクワガタも売っています。
子供の頃には図鑑でしか見る事の出来なかった、メカニックなメタリックな巨大な甲虫類たち。
しかし、実は正直なところ、日本産の和カブトや和クワガタ達の方が好みなのです。
犬も然り。
ドーベルマンとブルドッグも好きだけど、日本犬に一番の愛着を持ってしまうのです。

2003.7.30
キクチシゲル氏と共に、JUNGO 上原氏の御自宅を訪問しました。
中山道から上原邸へ向かう角を曲がると、町工場が点在していたり、「角のタバコ屋」があったり、
どこか懐かしい風景に一変する。
それはJUNGOの歌 そのままの佇まいだ。
シゲル氏と共に感銘を受けました。



ken emura